カタカムナ保存会について

桜が散り、新緑が眩しい季節となりました。

先日、読者の方より「カタカムナ保存会/潜象物理学会ではどのような活動をされていますでしょうか。もし可能であれば入会させて頂き、保存活動や研究活動に参加させて頂きたく存じます」というご連絡を頂戴しました。

先ず、当会より書籍をご購入頂くと、自動的に会員となります。これは相似象学会当時から、宇野先生が行っていらしたやり方に倣っております。かと言って、現在は会員による活動は特に設けておりません。書籍を通して、日本の上古代人が感受した世界に各自で触れて頂きたいと存じます。

そして当会の活動内容は、楢崎皐月先生、宇野多美恵先生の遺稿を正しく世に残し、心ある方に伝えていく事です。その想いだけで、ただひたすらにこれまで活動して参りました。中には、個別のやり取りや面会などを希望する方もいらっしゃいますが、出版に心血を注いでいる身としては、そのような時間を持つことが難しい事を何卒ご理解ください。

皆様からの共通のご質問に対しては、できるだけホームページにて回答させて頂きますので、引き続きよろしくお願い致します。